お菓子ユニットannelier(アンネリエ)のブログ


by annelier

新年にむけて


お菓子ユニットannelierでは
12/13 八戸のナギサキッチンさんで
NHKカルチャーさん「季節と遊ぶ はじめての和菓子」
「はなびら餅」を作らせていただきました。

こちらのお菓子は上新粉、白玉粉、片栗粉、
上白糖を蒸してからさらし練りした生地で
白こしあんに西京味噌を加え、紅色に染めた味噌あんを包んだ
歴史あるお菓子です。

このはなびら餅は平安時代の新年行事
「歯固めの儀式」を簡略化したもので
おせち料理の一つなんですよ。

その中でもはなびら餅は「宮中雑煮」として
御所の正月祝いに使われていたそうです。

このはなびら餅には蜜につけたごぼうが入っていますが
塩漬けの鮎の代わりなんですよ。
餡に味噌が入るのも、雑煮の流れを汲んでいるからです。

甘くほんのりしょっぱいはなびら餅
求肥生地から透けたほんのりとした
紅色にお正月の華やかさを感じます。

紅白の市松模様の懸け紙に
さらし和紙、金の水引の二重掛けで
新年のご挨拶をイメージしたラッピングにしてみました。


d0313818_10463453.jpg

[PR]
by annelier | 2013-12-14 10:51 | レッスン